唐津 井戸 茶碗 鶴田純久作 明日を届ける茶碗

鶴田 純久
鶴田 純久

品目:唐津 井戸 茶碗
ytoc075
◇寸法 長径:約13.9センチ × 高さ:約7.9センチ 重さ:約285グラム
◇轆轤目もおおらかに出た、やや白っぽい肌色の梅花皮がでた上釉の井戸茶碗です。
◇砂気の或白い土の造りで高台は高く、大きくひび割れた梅花皮がこの茶碗の最大の見所です。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇無地唐津(むじからつ)とは、唐津ともいい、絵がなく明るい上薬がかかり黒唐津とは別のどこにも属さないものをいいます。唐津焼は多種多様で土や上薬の違いで色もそれぞれですのでこうした分類の仕方が必要になってきたのでしょう。また、土や上薬が同じでも絵が入れば絵唐津に、口周りを鉄釉で巻けば唐津皮鯨、窯の変化で緑色になれば青唐津、黄色になれば黄唐津などと名前も変化していきます。古唐津の奥高麗などもこの部類に入ると思います。Simple is (the) best.シンプルな状態が一番というのが当てはまる類でしょう。

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。