伊賀沓茶碗 銘捨石 085

伊賀沓茶碗 銘捨石 085

高さ6.4cm 口径10.3×13.0cm 高台径5.5cm
藤田美術館
 これも高台の極めて低い沓形茶碗で、ロ部に箆目をまわしています。
全面に瀬戸釉をかけていますが、やはり江戸時代初期の作と思われる。
高台脇に三個の目跡がついています。箱の蓋裏に「伊賀焼茶碗捨石ト号左(花押)」と表千家九世了々斎宗左が書付していますが、二つの茶碗にいずれも「捨石」と号されているのが、茶碗の特色をとらえた銘として興味深い。

絵瀬戸 菊唐草文 茶碗 093<< >>伊賀沓鉢 086

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.