伊賀沓鉢 086

伊賀沓鉢 086

高さ8.1cm 口径15.9cm 高台径5.8cm
 これもざんぐりとした作振りの沓鉢で、外側にずっぼりとビート口釉がかけられ、例によって高台は低い。沓鉢としてはやや古作であると思われる。
 以上、天正年間から江戸時代前期にいたる伊賀焼のなかから代表作を図示したが、伊賀焼の編年については今後の考究を待つことにしたい。

伊賀沓茶碗 銘捨石 085<< >>美濃伊賀耳付花入 087

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.