信楽掛花入 135

信楽掛花入 135

高さ23.0cm 口径13.8cm 底径11.2cm
京都民芸館
 姥口風にした口部は楕円形で。胴を撫四方にして箆目をつけ、底にも一段段をつけています。胴の二方に深いへこみがあり、一方に灰が降り、一方は赤く焼き締まっています。口部の下に紋付穴を填めた跡があります。

信楽胴締花入 134<< >>信楽三角花入 136

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.