付属物 箱 桐白木 書付 松永耳庵筆
伝来 藤井某
寸法
高さ:8.3~8.5cm 口径:10.7~12.3cm 高台径:7.3~7.9cm 同高さ:1.0cm 重さ:435g

 鴻池伝来ならびに藤田家伝来の御所丸白茶碗―古田高麗と同手の茶碗です。
藤井某が所持したので藤井御所丸ともよばれましたが、近来、松永耳庵翁の命名で「ゆき」の銘がつきました。作風・釉調ともに。両古田高麗と近似し、御所丸白茶碗の三傑と称すべきでしょう。
 腰の張り出したまるい碗体を軽くおさえて沓形とし、腰の角に大きな箆削りを何か所か入れ、亀甲形に截った高台をつけること、すべて同前です。糸目のような細い轆轤目が走る筒なりの上部と、なた目の入った太く盛り上がった腰との対比が、いつもながちおもしろいです。釉は白を基調にかすかな紅と青のむらがそこここに現われ、見あきがしません。殊に腰から下では、釉が薄いせいもあって、気泡あとから入ったしみが雨漏りとなり、また釉がはげかかったところでは地土の黒がのぞいて、あたかも春のあわ雪が、はだれに土をおおったような風情があります。
「ゆき」の名も、ここから出たのでしょう。