雨漏堅手 銘 白雨

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物
内箱 黒塗 同蓋裏 書付 金粉文字 松平不昧筆 外箱 桐白木 黒柿の縁 同蓋裏 書付 白酔庵観阿筆 被服 天驚畝石畳
伝来 松浦家
寸法
高さ:8.6cm 口径:15.2cm 高台径:6.2cm 同高さ:0.9cm 重さ:380g
所蔵者 神奈川 松永記念館

 畠山家の雨漏よりかかえぎみの、ふっくらした椀なりです。端反りで高台が広く、竹の節になっていることは約束どおりです。高台内の削りは片薄で、兜巾のあたりちりめん皺が出て、なかなかの風情です。高台脇のかいらぎも興をそえます。見込みも例によって大きな鏡が沈み、その上に目あとが四つ顔を出しています。
 釉は少し黄色っぽく見えますが、雨漏りの参みがこういう色にさせたもので、もともとは、やや青みがかっていたものと察せられます。畠山家の茶碗では、雨漏りがピンホールの周りに、まるい形に浮き出ていましたが、この茶碗では貫入に沿ってできたため、殆どが氷裂状になっています。しかし一部には、ピンホール下の円斑もあり、またにゅうの周りには大きな漆みがひろがっていて、至って変化に富みます。この二碗と根津美術館蔵のとが、雨漏の三傑でしょう。

内箱 黒塗 蓋裏 書付 金粉文字松平不昧筆
くちぬるかいほりの
軒のひまとめて
もりくる雨の
あしの八重ふき

外箱 桐白木 黒柿の縁 蓋裏 書付白酔庵観阿筆

被服 天驚絨石畳

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2