雨漏堅手 銘 白雨

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物
内箱 黒塗 同蓋裏 書付 金粉文字 松平不昧筆 外箱 桐白木 黒柿の縁 同蓋裏 書付 白酔庵観阿筆 被服 天驚畝石畳
伝来 松浦家
寸法
高さ:8.6cm 口径:15.2cm 高台径:6.2cm 同高さ:0.9cm 重さ:380g
所蔵者 神奈川 松永記念館

 畠山家の雨漏よりかかえぎみの、ふっくらした椀なりです。端反りで高台が広く、竹の節になっていることは約束どおりです。高台内の削りは片薄で、兜巾のあたりちりめん皺が出て、なかなかの風情です。高台脇のかいらぎも興をそえます。見込みも例によって大きな鏡が沈み、その上に目あとが四つ顔を出しています。
 釉は少し黄色っぽく見えますが、雨漏りの参みがこういう色にさせたもので、もともとは、やや青みがかっていたものと察せられます。畠山家の茶碗では、雨漏りがピンホールの周りに、まるい形に浮き出ていましたが、この茶碗では貫入に沿ってできたため、殆どが氷裂状になっています。しかし一部には、ピンホール下の円斑もあり、またにゅうの周りには大きな漆みがひろがっていて、至って変化に富みます。この二碗と根津美術館蔵のとが、雨漏の三傑でしょう。

内箱 黒塗 蓋裏 書付 金粉文字松平不昧筆
くちぬるかいほりの
軒のひまとめて
もりくる雨の
あしの八重ふき

外箱 桐白木 黒柿の縁 蓋裏 書付白酔庵観阿筆

被服 天驚絨石畳

You might also enjoy

隼井戸 青井戸

名物付属物 内箱 棒書付 伏見宮貞愛親王筆 中箱 桐白木 書付 藪内竹翠筆 外箱 書付村雲尼公筆伝来 浪花 生島家所載 申庚大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:5.9cm 口径:13.4cm 高台径:5.0cm 同高さ:0.

加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶

御所丸 黒刷毛 茶碗

付属物内箱 鉄刀木 蓋甲 牡丹金蒔絵 面 唐草蒔絵 金粉沃懸 外箱 桐白木 胴 布地 書付伝来 静嘉堂所載 茶器目利聞書寸法 高さ6.8~7.3cm 口径:10.0~12.9cm 高台径6.9cm 同高さ:0.9cm 重