祥瑞丸 腰鎬 在銘

鶴田 純久
鶴田 純久

寸法
高さ:7.2cm 口径:7.1cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.0cm 重さ:195g

 変形した沓形に対して、これは祥瑞丸とよばれます。たしかに楕円ではなく正円を保っていますから、丸とよんでいいわけですが、形の上からいえば、むしろ筒というべきものでしょう。
 しかしこの筒は、なかなか単純な筒とは違います。口縁の石畳文のところはすなおな円筒形をなしていますが、その下、窓抜きで騎馬人のえがかれている部分は、たがをはめたように隆起しています。
 そしてまた平坦な波文帯を経た後、腰から下は堅の鎬ぎというか、面取りになっています。甚だ複雑な形制といわねばなりません。
 そして図で見ればわかるように、その各部につく文様がそれぞれに趣好をこらして、楽しい変化を見せてくれます。ことに腰の面取り部では、一面おきに瑠璃地窓抜きで詩句を書き、その間の面には、文雅な山水人物を配するといった、非常にしゃれた構成を見せてくれます。染付の色合いも鮮麗で、最高の作といってさしつかえません。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2