絵高麗梅鉢

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物
箱 桑彫銘 緑青
被服 紬地縦縞間道
包物 赤地更紗
寸法
高さ:4.9cm 口径:16.3cm 高台径:6.2cm 高台高さ:0.5cm 重さ:312g
所蔵者 東京 根津美術館

 前二作と全く同好の、「かげ」の茶碗です。この種の絵高麗とよばれる茶碗は、前にもふれたように、華北の磁州窯で民間雑器として大量に造られたものなのです。そのために何段にも重ねて窯に入れる必要があり、碗底を大きく蛇の目に削って釉をはぎ、そこへ上の茶碗の高台を載せたのです。そうしませんと、釉がとけて上下の器を接着してしまうからです。全くの必要から生じたこの蛇の目も、日本の茶人には好もしい景色として映ったようで、これが絵高麗茶碗の約束の一つとなっています。
 この茶碗の高台ぎわには、いろいろの景色が見えます。白帯の裾近くに紫色がかった三日月形がありますが、これは白化粧が切れた上に上釉がかかったため、地土の色を映してこうなったものです。また、その三日月の下側の弧線が右へ伸びて、地土の上にやや色の淡い島をつくっていますが、これは逆に酉化粧地に上釉がのらぬまま残ったものです。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2