絵高麗梅鉢

鶴田 純久
鶴田 純久

伝来 小西家
寸法
高さ:5.4cm 口径:16.0cm 高台径:6.1cm 同高さ:0.4cm 重さ:295g

 前出の梅鉢と同じく、これもいわゆる「かげ」の手の茶碗ですが、この方が いくぶんおだやかな趣があります。それは高台まわりの土見の色が淡黄褐色で、前者のように強い赤に出なかったため、各段の色の対比がそれほどきつくないからでしょう。そして無色透明の上釉が、高台わきのほぼぞろいの線までかかっていますので、上段の鼠と下段の白の帯が、ほどよい均衡を保っています。
 このかげの手の茶碗は、必ずロ縁の内外に黒の線を一・二本めぐらしてくくりとします。この茶碗でももちろんそれが認められますが、外縁の方の線は鼠地の上に引かれますので、それほど目立だありません。
 しかしそのかわりというか、鼠の帯がロ縁よりややさがって刷かれたため、ロ縁にくっきりと白の線がのこって、あたかも白縁天目のそれのような風情になってい&。いかにも涼しげな茶碗で、風炉の季節に真向きのものとして珍重されています。

You might also enjoy

隼井戸 青井戸

名物付属物 内箱 棒書付 伏見宮貞愛親王筆 中箱 桐白木 書付 藪内竹翠筆 外箱 書付村雲尼公筆伝来 浪花 生島家所載 申庚大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:5.9cm 口径:13.4cm 高台径:5.0cm 同高さ:0.

加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶

御所丸 黒刷毛 茶碗

付属物内箱 鉄刀木 蓋甲 牡丹金蒔絵 面 唐草蒔絵 金粉沃懸 外箱 桐白木 胴 布地 書付伝来 静嘉堂所載 茶器目利聞書寸法 高さ6.8~7.3cm 口径:10.0~12.9cm 高台径6.9cm 同高さ:0.9cm 重