青磁人形手

鶴田 純久
鶴田 純久

付属物
箱 黒塗金粉字形
伝来 名古屋十一屋小出家
所載 茶道正伝集 目利草 伏見屋宗理著名物茶碗図会 名物目利聞書 本屋了雲著苦心録 大正名器鑑
寸法
高さ:6.3~6.8cm 口径:12.4~12.7cm 高台径:4.6 同高さ:1.1cm 重さ:230g

 名古屋の富商、十一屋小出家に伝来しましたので、十一屋の人形手としてひろく知られています。土見は高台内だけで、鉄分が強いため赤くこげています。竜泉窯の土とはやや異なりますから、福建か浙江のどこかの窯で焼かれたものでしょう。釉の色は、青磁とよぶのが気がひけるくらいに赤いです。オレンジ色とでもいうべきでしょう。
釉の質そのものは青磁なのですが、焼きが還元焔ではなく酸化焔によったため、釉中の鉄分が酸化して、こういう色調を呈したのです。
 中国ではこの色のことを米色とよびますが、日本では古くから「ひしお手」(醤手―赤い色の、といった意)とよんで珍重しています。
 佗び茶には、翡翠色の美しい青磁よりも、不上がりのひしお色の方がふさわしいと好まれたのです。内面に唐子や唐花の折れ枝が型押しであらわされています。
その唐子のことを人形とよんだものですが、こういう式の型押し文は、竜泉窯はじめ多くの青磁の窯で用いられています。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2