鶴田 純久
鶴田 純久
須恵器 広口壺
須恵器 広口壺

Sue ware: jar with flaring mouth. Excavated from Futamata No. 1 Tumulus, Kami Ishizu-mura, Gifu 6th century. Height 19.5cm.Nagoya.
岐阜県養老郡上石津村二又1号墳出土
6世紀
高さ19.5cm 口径14.3cm 胴径17.1cm
名古屋大学考古学研究室
 やや小ぶりの球形の胴にラッパ状の口頸部をつけた、6世紀初頭の典型的な広口壺です。同古墳からは文様のある大形広口壺が器台とセットになって出土しており、本器のような無文のものは日常の貯蔵容器として用いられたのでしょう。焼き上がり良好で、やや黒ずんだ器肌に濃緑の自然釉がかかっています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email