鶴田 純久
鶴田 純久
須恵器 双耳瓶
須恵器 双耳瓶

Sue ware: vase with two handles. Excavated from Tozu No. 4 Ceramic Kiln, Komatsu-shi, Ishikawa. 11th century. Height 32.4cm. KomatsuMunicipal Museum.
石川県小松市戸津 4号窯出土
11世紀
高さ(現 )32.4cm 胴径22.5cm 底径13.5cm 小松市立博物館
 胴のふくらんだ広口瓶を基本形とした双耳瓶で、口頸部上半は欠失しています。肩の双耳は北陸特有の扁平大形のもので、二孔を穿ち、下半に抉りを入れています。焼き上がりはよく、灰黒色の器肌に黄白色の自然釉がかかっています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email