色鍋島 色絵 宝尽文 尺皿 008

鶴田 純久
鶴田 純久
色鍋島 色絵 宝尽文 尺皿 008

Dish with ‘various treasures’ design. enamelled ware
高さ7.7cm 口径30.0cm 高台径15.7cm
岡山美術館
 宝尽文は大川内の藩窯で好んで用いられた図案であり、なかでは八角七寸皿の「寿字宝尽文皿」の図案が最も傑出しているが、この尺皿も図案としてよくまとまっています。
 華頭窓風の枠を六方に配し、枠と枠の間を菊座状の輪でつないで基本的なパターンを決めたうえ、その枠内に三種の宝文を相対させて描いていますが、菊座状の輪繋の表現に立体感があって面白く、しかもその染付の描写と焼き上がりが際立って優れているのが印象を深めています。内側口辺には赤で青海波を描き、枠と枠の間に宝珠をあしらっています。色絵鍋島の大皿としては、これもまた完好の作例の一つに数えられます。裏面には四方に大輪の牡丹花を配して葉唐草でつないだ総唐草の地文様をあらわし、高台には七宝繋文をめぐらしています。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2