色鍋島 色絵 芙蓉菊文 尺皿 007

鶴田 純久
鶴田 純久
色鍋島 色絵 芙蓉菊文 尺皿 007

Dish with hibiscus and chrysanthemum design. enameiied ware
高さ8.4cm 口径32.0cm 高台径15.7cm
重要文化財
 色絵鍋島尺皿のなかでは最も声価の高いものであり、また華麗な意匠の大皿ですが、器形は第5図よりも厚手で、口縁がまるく、少し内にかかえ気味に成形された、一般に見る尺皿通例の作行きです。
 見込みいっぱいに、芙蓉に菊をあしらった図をあらわしていますが、染付のだみがやや濃く焼き上がっています。しかし、線描きはのびのびとして確かであり、赤、緑、黄の上絵具の発色も良好です。他に一点、同様の構図の大皿が梅沢記念館に蔵されていますが、塩原又策氏の旧蔵であるこの皿の方が作行きは整美です。外側には、大河内窯の代表的な裏文様である七宝結文を三方に、高台には櫛目文がめぐらされています。焼造年代は元禄、享保の間でしょう。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2