色鍋島 色絵 桃文 尺皿 006

鶴田 純久
鶴田 純久
色鍋島 色絵 桃文 尺皿 006

Dish with peach design. enamelled ware
高さ8.0cm 口径31.7cm 高台径15.3cm
器形は前図とほぼ同様にやや深い立上りですが、いささか曲線の張りが弱いです。しかし、これも色絵鍋島の精緻な技巧を遺憾なく示した名作です。
葉をあしらった桃果三つを大きく配し、上に花開いた桃樹を描いていますが、中国清朝の五彩や粉彩にも見える典型的な吉祥図様です。藩主が、桃を仙果とした西王母の故事をことに好んだのか、大河内の作品には桃果図のものが多く、しかもいずれも優品であるのは興味深いです。赤で縁どりした白い桃花を浮き立たせるためか、すべて染付の薄だみで地を塗りつぶし、葉は下に骨描きをつけずに一筆描きで描いています。桃果は染だみでほのかに陰影をつけ、赤い線で縁どり、左右の二個には細かい点斑を無数に打って赤味をつけています。聞くところではこの点描は極めて難しいものであるらしいです。
皿の縁を白くくっきりと残しているのも鍋島らしい配慮であり、外側には三輪の花をもつ牡丹の折枝文をのびやかに三方に配し、畳付にかけてややすぼまった高台側面には七宝繋文をめぐらしています。
染付の焼き上がりは特に良好であり、大皿としては前図に次ぐ優作と思われます。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2