珠光青磁

出光美術館高さ:6.8~7.0cm口径:15.0~15.2cm高台外径:5.0cm同高さ:0.9cm 珠光青磁は、遺品の数の少ないもので、『大正名器鑑』にも、加藤正義氏所蔵のものが、一碗録されているだけです。珠光青磁とい […]

青磁 銘 雨竜

鹿苑寺高さ:5.3~5.5cm口径:14.6~14.7cm高台外径:3.4cm同高さ:0.6cm 『隔巽記』で名高い、金閣寺の鳳林和尚が、片桐石州から贈られ、爾来、同老師の遺愛品として、同寺重宝の一に加えられています。わ […]

木葉天目 五島美術館

五島美術館高さ:5.5~5.8cm口径:15.0cm高台外径:3.9~4.0cm同高さ:0.3cm 木葉天目の遺例はかなり多いですが、ほとんどは近年、中国から将来された出土品で、日本に伝世したものは、まことにまれです。こ […]

木葉天目

重要文化財高さ:5.1~5.3cm口径:14.7~14.9cm高台外径:3.3cm同高さ:0.4cm 微妙な釉薬の技巧を駆使して、剪紙の型模様に、新しい趣向を盛り上げた、吉州窯の陶工は、また、ほんものの木の葉を、器面に焼 […]

玳玻天目 徳川家

大名物徳川美術館高さ:7.8~8.1cm口径:17.0~17.3cm高台外径:4.5cm同高さ:0.4cm きわめて大きな、茶碗というよりは、鉢に近い天目茶碗です。それだけに器壁も厚いですし、手取りも重く、薄作りで軽い玳 […]

梅花天目

高さ:5.7~6.0cm口径:11.6~11.9cm高台外径:4.2~4.3cm同高さ:0.6cm 梅花天目は玳玻蓋の一手で、文字天目、木葉天目、鸞天目、竜天目などと同じく、南宋時代に、江西省の吉州窯で作られたものです。 […]

鸞天目

中興名物高さ:7.0cm口径:12.7cm高台外径:3.7cm同高さ:0.2cm 伝世の玳玻蓋のなかでは、松平不昧公伝来の唐花紋、藤田家伝来の玉取り竜紋、前田家伝来の梅花紋とともに、古来、声価の高い名碗です。『名物記』に […]

竜天目

高さ:6.5~6.9cm口径:13.0~13.5cm高台外径:3.5cm同高さ:0.5cm 玳玻蓋のうちでも、類例のない、竜紋を表した碗です。素地は、黄みの乏しい灰白色の緻密な土で、堅く焼き締まっています。総体、やや厚手 […]

金彩文字天目

高さ:6.3cm口径:12.7cm高台外径:4.7cm同高さ:0.7cm 金彩で、「寿山福海」の文字を表した、異色の天目茶碗です。このような天目茶碗は、「金花の建盞」とも呼ばれ、少数の遺例が知られていますが、かの有名な「 […]

葺天目

中興名物高さ:6.1~6.2cm口径:12.2~12.4cm高台外径:4.3cm同高さ:0.8cm 箱書き付けは小堀遠州で、「菊」とあります。菊は燕の古字で、釉色が口縁部は黄色、以下、腰のほうへ黒くなっているところ、燕の […]