玳玻盞天目 一名 尾長鳥天目

鶴田 純久
鶴田 純久

中興名物
付属物
天目台 砂張覆輪 黒塗 青貝菊文様
天目台箱 桐白木 小堀遠州筆
内箱 黒いぢ塗 几帳面 金粉字形 書付 書付同筆
伝来
土屋相模守―朽木家(寛政)―赤星家1益田紅艶(大正六年)
所載
土屋蔵帳 名物記 古今名物類聚 赤星家道具帳 大正名器鑑
寸法
高さ:7.0cm 口径:12.5cm 高台径:3.5cm 重さ:272g

 これも中の文様をとって、鸞天目(鸞はおおとり)とよぶことがありますが。ここでは箱書に従って玳玻盞とだけしておきます。土や造りは決まりのとおりですが、ロ縁部に建窯の天目と同じようなひねり返しがついています。この形式は吉州窯の玳玻盞では余り多くありません。外面は例によって玳玻釉でおおわれていますが、卯の斑釉がいくぶん淡いため、黒下地が強く出て、いつもの玳玻盞と少し調子が違っています。
 内面には相対する鳥の姿が抜き出されています。尾長鳥という人もありますが、中国で造られたことを思えば、鳳凰と見る方が妥当でしょう。そして見込み中央には、梅鉢風の花が一輪えがかれ、鳳凰と鳳凰の間には、蝶らしいものが一つずつおかれています。下の黒い地釉が濃いため、それらの文様、特に鳳凰がぐっきりと浮かび上がって甚だ印象的です。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2