玳玻盞天目 一名 文字天目

鶴田 純久
鶴田 純久

重文
付属物
天目台 存星 砂張覆輪 天目台 青貝
被服 白地小牡丹古金欄 紺地寿字宝入純子
挽家 紅葉金蒔絵 内箱 黒塗銀錠前付
天目台箱 桐白木 書付 同筆
外箱 桐白木 同蓋裏 書付 万扨和尚筆
伝来
大徳寺龍光院什物―天王寺屋五兵衛―鴻池家
所載
千家中興名物 大正名器鑑
寸法
高さ:6.5cm 口径:12.4cm 底径;3.4cm 重さ:294g

 これも見事な伝来の玳玻盞です。形はやや開きぎみの碗なりで、造りは例のごとく、外側は黒地黄斑の玳玻釉になっています。その点からすれば、これも玳玻盞とよぶべきものなのですが、中の文様が特殊なものについては、その文様名を冠して、このように文字天目とよぶのが昔からのしきたりなのです。
 その文字というのは、内壁に浮き上がった三つの花菱輪違いの中に記されています。もちろんこれも切り紙を貼って上の釉をはじき、文様を得たものです。一つずつ文字は変わっていて、「富貴長命」「金玉満堂」「福寿康寧」の四字句になっています。これらは吉祥句といって、縁起のいいようにめでたい言葉をつらねたまでです。こういう複雑な型抜き文は、えてして上の黄釉が流れこんで、乱れがちになるものなのですが、この茶碗では非常に精密・にあらわれていて、出色の作といってさしつかえません。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2