光悦茶碗

光悦 黒楽茶碗

高さ:8.3~9.0cm
口径:12.0~13.3cm
高台外径:5.2~5.5cm
同高さ:0.5cm

 無銘の茶碗ですが、光悦の黒茶碗という意から、「光悦黒」とでも称しておきましょう。現在のところ、伝来もほとんど不詳ですが、従来知られなかった光悦茶碗の中では、かなり出色であることから、本書に所載されたものです。
 茶碗の形姿は、光悦独特の、腰の稜線のきっかりとした、加賀光悦・七里などと一連共通の作ゆきの茶碗ですが、加賀光悦のように縦箆の豊かなものではなく、七里と最も類似した作調です。ほとんど垂直に削り出された高台は、やや低く、高台ぎわから腰にかけては、少し上がっていますが、その面の削りは、いたって平らです。腰から口にかけては、少しふくらみをもちつつ、外に開きながら立ち上がっていますが、この形状は、光悦常套の作ゆきといえましょう。
 見込みの底部は、茶だまりをつくらず、中央でややくぼんではいますが、ほとんど平らに仕上げられており、これまた光悦特有のものといえます。さらに、内底からの立ち上がりは撫で角で、その曲線は七里と全く同様です。
 この無冠の茶碗を、知られたる名碗と同等の格に推挙させるものがあったのは、高台の作ゆきのよさにかかっています。光悦茶碗の鑑識の最大の拠点は、高台の削り出しに示された箆ぐせにあると愚考しますが、この茶碗の高台は、まさしく光悦特有のものがうかがわれ、輪形に無作為に削り出されているにすぎませんが、なかなかの力感がみなぎっています。その作ぶりは、七里よりはやや劣カ、加賀光悦にまさっています。
 総体に雨雲や七里と同様の、ノンコウふうの黒楽釉がかかっていますが、その焼成火度はかなり高く、釉膚につややかな光沢があります。しかし、随所に火間が生じているのも、七里などと共通したところであり、火間の素地膚は、鉄膚を見るような趣です。高台畳つきに、ほぼ五力所目跡が残っているのも、ノンコウ時代までの楽焼き通例のものです。
 光悦茶碗としては、特に傑出したものとはいえませんが、ゆったりとした落ち着きと、大きさのある風格は、なかなかのものといえましょう。
 内箱の蓋裏に「従本阿弥氏当院寄付伝来可為者也 明和初年二月 紫野独庵 識」とあり、独庵という人が、大徳寺のいずれの塔頭の僧であったかは、調査中ですが、これによれば、本阿弥家から明和ごろ、寄進を受けたものであったらしいです。箱の状態、書き付け、ともに素直であるところ、好感がもてますが、寺の什物であったために、付属の次第はいたって質素です。
 また、ちなみに、これときわめて似通った茶碗が、明治ごろ、アメリカに渡ったらしく、フリヤー美術館の蔵品中に見受けられます。
(林屋晴三)