河内 英利 作陶展 ギャラリー佐野2008

鶴田 純久
鶴田 純久

河内 英利 作陶展
■会期=平成20年4月22日(火)~30日(水)
■会場=ギャラリー佐野
●営業時間11:00am~7:00pm会期中無休。最終日のみ4:00pm閉廊.
この度、当画廊におきまして「河内英利作陶展」を開催する運びとなりました。
織部、志乃、灰釉の花器・皿・食器など約100点の展覧となります。是非この機会にご来廊賜りますようご案内申し上げます。昭和35年(1960)生まれ。大阪芸術大学卒業。加藤春鼎、島田幸一先生に師事。個展:名古屋ギャラリー茜、名古屋ギャラリー安里(2回)、静岡松坂屋(3回)、名古屋星ケ丘三越(2回)、東京池袋東武、ギャラリー佐野(平成11年より6回目)。

ギャラリー佐野
〒420-0012
静岡県静岡市葵区柚木町8-1
ゆずの木ビル1F
TEL(054)652-3210
FAX(054)652-3211

河内 英利 作陶展 ギャラリー佐野2008 河内 英利 作陶展 ギャラリー佐野2008

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。