無地志野茶碗 銘 卯の花

鶴田 純久
鶴田 純久

高さ:7.8~8.3cm
口径:11.5~13.0cm
高台外径:6.0cm
同高さ:0.5cm

 鉄絵紋様のない白無地の志野を、俗に無地志野とよんでいます。無地志野は絵志野や鼠志野に比べて遺品の数少ないもので、とくに茶碗となると何点もありません。その中でも、この茶碗はとくにすぐれていますが、従来一般には知られなかったせいか、いままで一度も紹介されたことがありません。
 素地はざんぐりとした卵殻色のかぐ訃土で、雪のように白い志野釉が、たっぷりと内外全面にかかっています。釉色は白いといってもほのかに灰色をおび、やや還元ぎみですが、口辺や施釉の薄いところは赤味がかり、全体としては暖かい感じの色です。全面に荒い貫入がありますが、釉薬の厚い部分はとくに荒く薄い部分はやや細かいです。
 姿は下ぶくれの切り立った形ですが、腰はふっくらと丸みをもっています。分厚な玉縁には微妙な変化があり、上から見ると口は正円でぼなく、やや楕円形になっています。内面見込みは強いこてで大きくへこませ、他のものを重ねて焼いた目跡はありません。高台は木箆でざくりと削り出してあり、高台とそのまわりは露胎である。露胎の部分はほんのりと全体が煎餅のようにうっすらと焦げ、柔らかい感じがします。
 鷲づかみにして釉薬をかけた指あとが四つありますが、卯花培ほど、はっきりとはしていません。火色は口辺七底脇の揃あとの部分にほんのりとありますが、志野としては火色の少ないほうで、よく焼けて火色が消えたのでしょう。しかし火色の少ないことは、この茶碗の欠点というよりは、むしろこの茶碗の気品を高めています。
 姿や作ゆきは、志野よりもむしろ瀬戸黒にちかいというべく、その点、志野としては珍しいつくりの茶碗です。
 口辺に、金づくろいが一ヵ所、俗に山きずと呼んでいる樋が六本あり、二つは内側に石をかんでいます。
 天正、くだっても文禄ごろ、美濃のおそらくは大萱でつくられたものでしょう。
 内箱は桜溜め塗りの曲げ物、蓋に赤漆で「シノ卯の花」と書いてありますが、少庵の書き付けともいわれています。伝来は、従来世に知られなかったせいもあって、つまびらかでありません。
(小山冨士夫)

無地志野 茶碗 銘 卯の花 056

Shino tea bowl. known as ‘Unohana’
Diameter 13.0cm
高さ7.8~8.3cm 口径11.5~13.0cm 高台径6.0cm
 釉のかかった半筒形の茶碗で、「卯の花」という銘がつけられている。おそらく半筒形の志野茶碗としては、初期のものと考えられる。口禄には緩やかに山路風の変化をつけ、やや端反りぎみになっている。腰は強く張り、低い高台はまるく削り出されている。無文の素朴な作行きに古格が感じられる。

You might also enjoy

隼井戸 青井戸

名物付属物 内箱 棒書付 伏見宮貞愛親王筆 中箱 桐白木 書付 藪内竹翠筆 外箱 書付村雲尼公筆伝来 浪花 生島家所載 申庚大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:5.9cm 口径:13.4cm 高台径:5.0cm 同高さ:0.

加賀井戸 一名獅子

名物手大名物付属物内箱 桐白木 被紙 書付 松平雪川筆 外箱 鉄刀木 几帳面 蒔絵伝来 土岐美濃守―田沼家―松平不昧所載 古今名物類聚 名物茶碗集 中興名物録 本屋了雲著苦心録 古今茶話 伏見屋覚書 松平不昧伝 大円庵茶

御所丸 黒刷毛 茶碗

付属物内箱 鉄刀木 蓋甲 牡丹金蒔絵 面 唐草蒔絵 金粉沃懸 外箱 桐白木 胴 布地 書付伝来 静嘉堂所載 茶器目利聞書寸法 高さ6.8~7.3cm 口径:10.0~12.9cm 高台径6.9cm 同高さ:0.9cm 重