志野茶碗

志野茶碗 銘 千石

高さ:8.7cm
ロ径13.7~14.0cm
高台外径:6.3~6.5cm
同高さ:0.5cm

 「千石」の銘は、千石舟ほどという大きさを示したものか、あるいは千石の貫禄を表わしたものか、ともかく豪放雄大なること無類の志野茶碗です。
 まず、素地は比較的粗く、少し鉄分を含んでいるらしいです。底裏の土見の部分では淡かっ色を呈して、堅く焼き締まっているように見えます。とくに二重高台の箆あとに見られる力強い刀法は、そうした土昧とよく調和しています。
 姿は腰低く、底は平らかで横広く張り、高台も低く、このあたり瀬戸黒の作風に似ています。また口辺は全体に少し端反りになって、ゆったりと波打ち、見込みは深く、広く、轆轤(ろくろ)目が大きくうず巻いています。内外とも、轆轤(ろくろ)で大きくひき上げた強い調子をそのままにして、箆使いとか指頭による変形は、ここではほとんど見られません。総体、茫洋としたなかに、気魄のこもった大きな風貌になっています。
 釉薬は高台と高台わきの一部を除いて、全面にたっぶりとかかり、そして随所に荒々しい調子が見られます。その色調は少し灰色がかった白ですが、薄層のところは例によって火色がむらむらと出て、美しい淡紅色になっています。また材質のためか、焼きのぐあいか、釉面に小穴がたくさん出来、とくに外面においてはなはだしいです。さらに釉薬のちぢれや大小の剥落が荒々しく、梅花皮(かいらぎ)や虫食いのようになっているのも目につくところです。ことに高台わきから腰の一部にかけて、大小の釉剥げがはなはだしく、ここから何か粗荒の気が、ほとばし4出ているように見えるのです。
 絵は外側に淡く、あるかなきかに橋の欄干が、大きく弧を描いています。筆致朴訥で、すこぶる妙趣がありますが、きわめて淡いですので、一見、無地志野のようにしか思えません。
 また、高台内には、くっきりと二の字が鋭く彫られています。これはいわゆる瀬戸六作にも、十作にもない手印で、いかなるものか不明です。荒川豊蔵氏によれば、この茶碗は美濃大萱、牟田洞窯の所製とされています。
 付属物としては、「住吉 志野焼茶碗 千石」と書き付けのある箱の中に、値段の符帳をしるした紙切れがいっしょに入れられています。これによると、
安政三辰年 本久より買入 タ山コ止 先年本家所持之品也 本家ニテ買入之時 拾貳両斗
とあり、さらにこれの包み紙には
濃州桑原北方 渡部佐衛門様 京町田宗波 ちん相済
の文字が見られます。筆者の町田宗波は万延元年没、表千家系の茶人です。その他の伝来については、つまびらかでありません。
(藤岡了一)

無地志野 茶碗 銘 千石 079

Shino tea bowl. known as ‘Sengoku’
Diameter 14.0cm
高さ8.7cm 口径13.7~14.0cm 高台径6.3~6.5cm
 腰張りで高台の低い大振りの茶碗。初期的な作風の無地志野である。あるいは早い時期の作品かと推測されるが、判然としない。窯は中窯であろうか。