伊賀花入

伊賀筒花入 銘羅生門 032

伊賀筒花入 銘羅生門 032

Cylindrical flower vase, known as “RashS・mon” Height 27.3cm

高さ27.3cm 口径14.5~15.0cm 胴径12.2×13.9cm 底径11.8cm
 織部所持の「生爪」と似かよった作振りの花入で、利休所持と伝えている花入とも似ています。筒形の口部を開いてひずみをつけ、胸に二筋深い筋目をつけています。一方に灰が激しく降りかかってビードロ釉は焦げ膚となり、背面は赤く焼き締まっています。伊賀焼の花入はほとんど掛花入として用いられたらしく、当初あけられていた欽付穴は、多くは填められています。この花入も正面と背面に紋付穴を填めた跡があります。強い作振りの名器であります。