伊賀沓鉢 083

伊賀沓鉢 083
伊賀沓鉢 083

高さ8.9cm 口径13.7×16.3cm 高台径5.3×7.9cm
 伊賀焼沓鉢の代表作で、やはり江戸時代初期の作と考えれる。内部から外側にかけてビードロ釉が厚くかかっていますが、自然釉ではなく施釉したものと思われ、赤く焼き締まった底部にも薄く斑に釉を降りかけています。高台は低く、胴には箆目をつけ、外側の一方は叩文をつけています。ほぼ同様の作例がかなり現存しています。

黄瀬戸 茶碗 銘山路 092<< >>絵瀬戸 菊唐草文 茶碗 093

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.