信楽蹲花入 129

信楽蹲花入 129

高さ11.6cm 口径6.7cm 胴径12.1cm 底径10.3cm
 □造りや形から推しておそらく茶陶として生まれたものではなく、伝えられるように小さな種壷を掛花入としたものと推測される。成形は厚手で、小品ではあるがどっしりとした趣があり、正面に灰が降りかかり、土膚は暗褐色に焼き締まっています。細い窯割れが胴に生じています。室町時代後期の作と推測され、背面に欽をつけて鱒掛花入としています。松平不昧公の愛蔵品で、箱の蓋表に「志からき 鋸花人」と不昧が書き付けています。

信楽耳付水指 128<< >>信楽蹲花入 130

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.