朝鮮唐津耳付花入 ちょうせんがらつみみつきはないれ

鶴田 純久
鶴田 純久

朝鮮唐津耳付花入 ちょうせんがらつみみつきはないれ 朝鮮唐津耳付花入

朝鮮唐津とは、鉄分の多い黒褐色の胎土の上に黒飴釉と白海鼠釉を流しかけたもので、その作風が朝鮮風であるとしてこの称があります。
この類は茶陶としては特に尊重され、花入のほか水指・徳利・鉢などお茶専用に焼かれています。
このうち花入は数少ないようです。
白海鼠釉があくまで純白で、黒飴釉との境界線に萌黄色の線状釉が融け合ったものが上手とされます。
この花入は形状・釉色・寸法ともに最上の作。口縁に小さく耳を付け、ややせばまった首は段をなし、口縁から首にかけ白海鼠釉が見事にかかり、以下は黒飴釉が腰下までふっくらとかかり、正面胴に白海鼠釉が一筋あって一段と景色をそえています。
《寸法》高さ20.1 口径4.7 胴径11.0 底径8.9

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2