瀬戸唐津茶碗

投稿日: カテゴリー: 唐津茶碗

瀬戸唐津には椀形の本手と、平茶碗の口辺に鉄釉を施した皮鯨手がある。 この二つは明らかに別種のもので、窯も時代も異なるものと推定される。 いずれも瀬戸風の黄ばんだ釉がかかるのでかく呼ばれたのだろうが、総じて本手の方が長石分 […]

瀬戸唐津 皮鯨茶碗

投稿日: カテゴリー: 唐津茶碗

高さ6.0㎝口径15.9㎝高台径5.1㎝滴翠美術館 土はやや荒いが色が白く、上にかかる釉も長石の多い白釉なので、志野や絵瀬戸など瀬戸系のものに似ています。そんなところからこの類の茶碗を瀬戸唐津と呼び習わしていますが、道納 […]

唐津茶碗 銘 ねのこ餅

投稿日: カテゴリー: 唐津茶碗

高さ10.4㎝ロ径9.5㎝高台径5.5㎝ 奥高麗といえぱ、これまで見てきた諸例のように、丸い椀形の茶碗に限られます。だからこの筒茶碗は、「古唐津」といわれても、「奥高麗」として扱われたことはかつてなかったことであります。 […]

唐津茶碗 銘 糸屋

投稿日: カテゴリー: 唐津茶碗

高さ7.5㎝口径15.4㎝高台径5.3㎝ 唐津の無地の茶碗には、所持者の名を冠して「中尾唐津」とか「足閑唐津]というような称を付されたものがあるようで、この糸屋唐津もその一つであります。元禄のころ京の口利きとして知られた […]