叩き朝鮮唐津水指 銘「櫓瀑」

鶴田 純久
鶴田 純久

十七世紀初期 藤の川内窯
高14.2 径18.8
北村美術館蔵
叩きづくりによる成形。 寸胴型で、頸の部分の数本の轆轤目によって形が引き締まってみえます。肩より下に厚く薬灰釉をかけ、内側と口縁部に黒飴釉をかけています。 表面に大小二本、裏面に一本薬灰釉をかけて文様をつくり、飴釉が薬灰釉の中に流れ込んで美しい景色をつくっています。腰から高台全体にかけて泥釉を刷毛で塗っています。 内側は燃料の松灰によって、美しく窯変しています。

櫓瀑 ろばく

水指・叩き朝鮮唐津水指銘「櫓瀑」(ろばく)
十七世紀初期藤の川内窯
高:17.4㎝口径:10.1㎝
藤田美術館蔵

「櫓瀑」の銘の以来
蓋裏に了々斎宗左が李白観瀑の詩を書いていることによる
朝鮮唐津の藁白釉の流れを中国の名山、魯山の瀑布(滝)を詠う唐の李白の詩を連想しての銘
櫓瀑 ロバク

前に戻る