叩き朝鮮唐津一重口水指

鶴田 純久
鶴田 純久

十七世紀初期 甕屋の谷窯
高19.6 径18.5
鉄分の多いねっとりした土で、叩きづくり。 内側にかすかに青海波文があります。口は矢筈づくりで、大きな耳が縦につき、底に小さな足が三個ついています。胴一面に筋文様を陰刻しています。全体に黒飴釉をかけ、正面に鉄砂をかけて景色としています。底面に逆L字のローマ字が陽刻文でついています。共蓋は鍵のあるL字が陰刻してあります。甕屋の谷、焼山両窯からL字のいろいろな銘入の作品が出土します。
慶長八年「織部茶会記」に、慶長八年「唐津足有御水指」「唐津焼すじ水指」として登場しています。唐津市重要文化財。

朝鮮唐津 水指 032

朝鮮唐津 水指 032

高さ14.0cm 口径18.3cm 底径15.4cm
 朝鮮唐津一重口水指と称して、茶人の間では声価の高い作品である。たしかに、唐津焼の茶陶のなかでは最も茶にかなった漏洒なものの一つである。紐作りでずんどう形に立ち上がらせ、口は僅かに内に抱え込ませている。底は平らで板起しになり、手取りは軽い。上に黒飴私下半部に藁灰釉をかけ分け、さらに前後に口縁から白釉を一条ずつかけて景色を高めている。内部全面にも薄く鉄釉をかけ、内側や見込中央にも白釉をかけている。他に類例を五つ見ているが、なかには内部に青海波状の叩跡が残っているものがある。

前に戻る