染付高砂花入 そめっけたかさごはないれ

鶴田 純久
鶴田 純久

染付高砂花入 そめっけたかさごはないれ 染付高砂花入

砧形にざんぐりとした鯉耳を付け、首の表裏に人物文、肩に蓮弁文、胴に水藻文がみられます。
茶入はこの二人の人物を謡曲「高砂」の尉と姥に見立て、この種の染付花入を俗里高砂手と呼んでいます。
明代末期の景徳鎮窯の製。高砂の名がめでたく、鯉も祝意があって日本人向きで、日本以外に遺品がないところから、おそらく日本からの注文品と考えられ、数少ないこともあって、古染付中で茶入間にとりわけ賞美されています。
この時期の景徳鎮窯は、優良な坏土と釉薬にこと欠き、一般に粗雑な器物を作出していましたが、かえってそれが茶味と結びついているのであります。
《寸法》高さ26.2 口径9.6 内径4.5 胴径12.5 底径10.0 重さ1240

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2