藍鍋島 染付 白鷺文 三脚 尺皿 013

鶴田 純久
鶴田 純久
藍鍋島 染付 白鷺文 三脚 尺皿 013
藍鍋島 染付 白鷺文 三脚 尺皿 013

Dish on three legs with white heron design、blue and white
高さ8.5cm 口径28.0cm 高台径17.5cm 三脚
 蓮葉を配した薄い瑠璃地に、白鷺三羽をくっきりと白くあらわしています。鍋島の染付の大皿では最も傑出した作品でしょう。大川内窯の染付技術の粋をうかがわせるもので、白鷺と蓮葉を線描きしたのち、余白の地と蓮葉に薄い呉須(染付に用いるコバルト顔料の日本における俗称)溶液を数回にわたって筆でだみ塗りしたものですが、まったく筆触を感じさせずにむらなく塗っています。これほどの技巧が可能であるのは、藩窯によほどの名工が集められていたことを如実に物語るものです。蓮葉を裾に配した図柄の着想も面白く、その図柄を十分に表現しきった非凡な技は大いに称讃さるべきでしょう。蛇の目風の低く幅広い高台外周の三方に獣面の脚をつけていますが、露胎の高台に針積みの小さな目跡が外に二十個、内に十六個めぐらされています。脚部は濃い瑠璃の染付、外側の三方には木蓮の折枝文を三方にあらわしていますが、染付の色は濃く筆行きも力強いです。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2