色鍋島 色絵 輪繋文 三脚 尺皿 012

鶴田 純久
鶴田 純久
色鍋島 色絵 輪繋文 三脚 尺皿 012
色鍋島 色絵 輪繋文 三脚 尺皿 012

Dish on three legs with design of circles linked by quarterfoils. enamelled ware
高さ8.3cm 口径26.0cm 高台径15.4cm 三脚
 前図とほぼ同形の三脚皿ですが、これは一回り小さく脚はやや高いです。やはり大川内窯最盛期の優作ですが、前図よりはいささか時代の降るものではないでしょうか。しかし、色絵鍋島の技術の粋を見せた作例で、文様は明るく斬新で江戸中期の好みがうかがわれます。
 皿の中央に輪形と独特の四稜花形を交互につないで青と赤で鮮かに色どり、それを境に一方は白地、一方には小紋地を染付で敷きつめていますが、その小紋は鍋島の秘技として名高い墨はじきの技法によったもので、染付顔料で筆写するのと異なり、あたかも型染めしたように白線が細かくくっきりとあらわれています。低い高台は幅広く削り出され、外周の三方に菊葉形の脚がつけられ、脚は瑠璃地に、外側は大小の花をもつ珍しい牡丹唐草が全面にあらわされています。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2