備前火襷水指 びぜんひだすきみずさし

備前火襷水指 びぜんひだすきみずさし 備前火襷水指

重文。「玉柏」(369頁下)と同手。たた「玉柏」の寸胴形に対し、これは胴径が大きく、火襷は濃く少し紫色を帯びる。また口造りはやや姥口状をなし安定感に富みます。素地土ねっとりとして白く、火襷は絢爛ともいえる鮮やかさ、形は強火度のためにいくらか前かがみ、口縁一部に山疵はあっても品位の高い逸品水指といえます。
なお古備前の窯変の特色には、この火襷のほかに青ごま・黄ごま・榎肌などがあるようで、また別に遠州時代といわれる伊部手があります。
これははじめから素地土に塗り土をして、釉照りをねらったものであります。
《寸法》高さ13.5 口径9.8~12.6 胴径15.0~16.3 底径10.3~10.5《所蔵》畠山記念館

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.