備前種壷水指 びぜんたねつぼみずさし

備前種壷水指 びぜんたねつぼみずさし 備前種壷水指

室町以前から備前でつくられた種手を入れる民具。佗び茶成立期に最も早く水指としてとり土げられた。
この水指は轆轤目静かに、ごま釉に照りあるようで、大釉抜けあるようで、形・ころとすべてよいです。肩の箆記号は文字でも絵でもなく、意味不明のところをまた茶入は喜びます。ハンネラ蓋は南蛮産の合わせものです。
備前と南蛮、このあたりにも土味に対する古茶入の志向がうかがわれます。
なお備前窯は鎌倉頃、伊部西北の熊山に起こり、室町頃には浦伊部山麓一帯にひろがり、さらにその末期にはいわゆる大窯と称する共同窯時代を迎えます。
《伝来》金沢村彦家《寸法》高さ23.6 口径13.0胴径15.8 底径9.8 重さ1780 蓋157

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.