備前車軸水指 びぜんしやじくみずさし

鶴田 純久
鶴田 純久

備前車軸水指 びぜんしやじくみずさし 備前水指

共蓋。車軸形の重量感あふれる豪快なものです。
腰周りを広く、いったん胴体をせばめて立ち土がらせ、さらに口帯をひろげています。
特別大きくみえる共蓋の摘みの力強さが、よくこの全体の姿を押さえて泰然たるおさまりを示しています。
焼き締め土の味わい、自然釉のむらむら、その素朴な肌合いと色感、非凡な備前工人の腕前をみせ、天工と人工の巧みな合一境を出しています。
この手の備前は、前代の民具から見立てられたものと違い、明らかに茶をねらった作で、時代は桃山、当時諸方の窯で行なわれた織部意識の強くかかったものであります。
いわゆる大窯の初期、土は粘力のある黒色の田土。《寸法》高さ10.2 口径14.9《所蔵》静嘉堂

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2