備前日本水指

備前車軸水指 びぜんしやじくみずさし

備前車軸水指 びぜんしやじくみずさし 備前水指

共蓋。車軸形の重量感あふれる豪快なものです。
腰周りを広く、いったん胴体をせばめて立ち土がらせ、さらに口帯をひろげています。
特別大きくみえる共蓋の摘みの力強さが、よくこの全体の姿を押さえて泰然たるおさまりを示しています。
焼き締め土の味わい、自然釉のむらむら、その素朴な肌合いと色感、非凡な備前工人の腕前をみせ、天工と人工の巧みな合一境を出しています。
この手の備前は、前代の民具から見立てられたものと違い、明らかに茶をねらった作で、時代は桃山、当時諸方の窯で行なわれた織部意識の強くかかったものであります。
いわゆる大窯の初期、土は粘力のある黒色の田土。《寸法》高さ10.2 口径14.9《所蔵》静嘉堂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です