お話

万暦龍鳳文面盆水指 ばんれきりゅうほうもんめんぼんみずさし

万暦龍鳳文面盆水指 ばんれきりゅうほうもんめんぼんみずさし 万暦水指

水指として見立てたものです。
面盆というのは中国の洗面具。わが茶入がこれに因んでこのように呼びます。
五弁状の輪花の平鉢であります。
内部は龍鳳図を主文とし、その余地を隙間なく花秀文で埋めろくし、外部は全面に吉祥花弄文。まことに絢爛たる図柄であるようで、底に「大明万暦年製」の款記があります。
万暦赤絵は嘉靖年代(1522-66)の盛を継いで、五彩鮮やかに、さらに独自の開花を示し、わが国でもこれを愛好する者が多いようです。
万暦赤絵の賦彩は濃厚鮮麗で、むしろ爛熟のきわみ、華縛の趣さえありますが、麗美もここまでいきますと、人をして無条件に随喜低頭せしめるのであります。
《寸法》高さ9.5 口径37.5《所蔵》畠山記念館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です