琵琶箱 びわばこ

琵琶箱 びわばこ 肥後焼水指

肥後焼水指。肥後焼には細川三斎の八代焼と、加藤清正の小代焼があります。
いずれも朝鮮陶工によって起こりました。
八代焼けその元窯の豊前土野焼とよく似ていて、区別するのに困難であります。
土野焼とて古唐津・古高取と同類、ただ土味の粘力に少異があります。
この水指は一応八代焼とみられ、四分三分に下方細かく箆目をめぐらし、唐津手法の鉄袖・卯の斑釉を口縁から流すなど、かなり技巧的なものです。
全体からやはり遠州好みという時代が思われる穏和な作。「琵琶箱」の銘はその形から出ました。
《付属物》塗蓋-蓋裏書付覚々斎原叟筆 箱-桐白木、蓋裏書付了々斎宗左筆《寸法》高さ17.3 口径21.5~19.3 底径16.5~17.3 重さ1700

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.