琵琶箱 びわばこ

鶴田 純久
鶴田 純久

琵琶箱 びわばこ 肥後焼水指

肥後焼水指。肥後焼には細川三斎の八代焼と、加藤清正の小代焼があります。
いずれも朝鮮陶工によって起こりました。
八代焼けその元窯の豊前土野焼とよく似ていて、区別するのに困難であります。
土野焼とて古唐津・古高取と同類、ただ土味の粘力に少異があります。
この水指は一応八代焼とみられ、四分三分に下方細かく箆目をめぐらし、唐津手法の鉄袖・卯の斑釉を口縁から流すなど、かなり技巧的なものです。
全体からやはり遠州好みという時代が思われる穏和な作。「琵琶箱」の銘はその形から出ました。
《付属物》塗蓋-蓋裏書付覚々斎原叟筆 箱-桐白木、蓋裏書付了々斎宗左筆《寸法》高さ17.3 口径21.5~19.3 底径16.5~17.3 重さ1700

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2