備前破れ桶水指 びぜんやぶれおけみずさし

備前破れ桶水指 びぜんやぶれおけみずさし 備前破れ桶水指

備前は佗び茶の意識理念に適うものとして、信楽とともに早く珠光の頃から茶入に採用されました。
もともと種壷・摺鉢などの民具であったものが、水指・建水・花入などに見立てられたのであります。
この水指は利休所持として高名なものです。
木目を表すために縦に櫛目を入れ、土下にたが輪を付けましたが、強火度で土下とも一部が剥げ落ち、その痕に元土の土味を現しています。
灰緑色の焦げと釉カセの部分も、佗び景色として大きな効果をみせます。古備前大窯初期の作と思えます。
《付属物》箱-面取溜塗、銀粉文字・書付小堀遠州筆《伝来》千利休-松平肥前守-加賀前田家《寸法》高さ16.3 口径17.1~18.5 底径14.5 重さ1680

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.