備前耳付水指 びぜんみみつきみずさし

備前耳付水指 びぜんみみつきみずさし 備前耳付水指

生まれは花入らしいです。水指に見立てたものです。
肩のあたりを深く締め、その健琥溝をまたいで、つり合いのよい耳を付け、頭部をわずかに開きます。全体の姿がおたやかで愛嬌があるようで、ごまと榎肌と釉抜けの変化、軽くさわやかな箆使いが至極の調和を示し、景色面白く、長く備前花入の一典型となりました。
尾張の数寄者高田太郎庵の鍾愛品。中置水指として格好のものです。
なおこの丸形の釉抜けを世に備前の「饅頭抜け」と呼び、窯中器物の接触からできた窯変の一種。《付属物》箱-桐白木、書付高田太郎庵筆《伝来》高田太郎庵《寸法》高さ25.6 口径11.6~14.2 胴径13.0~14.0 左右18.1 底径13.0~13.6 重さ2700

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.