不悪 ふあく

不悪 ふあく 備前耳付水指

備前耳付水指。共蓋。ねっとりとした田土で、下がり耳、首部を締め腰を張り、無造作な箆文様をみせ、さらに締めてから、強くしっかりした円座部分に至る。その姿の生けころしの呼吸が巧妙。無釉ながら景色に変化があるようで、備前たけにみられる落ち着きをみせます。この姿・形は、古田織部の伊賀や美濃・瀬戸などと共通し、あるいは織部の好みを受け備前茶入「わび助」をつくった新兵衛に関連かおるとも考えられます。
家原自仙は、茶に不通の人に出すこと無念なりと、これを鍾愛しました。
《付属物》箱-桐白木、書付家原自仙筆《寸法》高さ20.0 口径14.0~14.5 胴径18.0 底径18.8 重さ2890 蓋150

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.