信楽蹲花入 130

信楽蹲花入 130

高さ11.6cm 口径6.2cm 胴径10.5cm 底径9.1cm
 肩が衝き、低いロをまるくした寸胴形の器で、全面に灰釉が降りかかり。青く、褐色にあるいは黒く窯変して、まことに景色の鮮やかなものであります。茶入としては大振りであることから、背面に紋をつけて鱒花入としたものと思われる。あるいは挽溜用の小壷として作られたのであろうか。側面に「慶長十七年」の彫銘があり、資料的価値の高いものであります。

信楽蹲花入 129<< >>信楽蹲掛花入 131

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.