信楽蹲掛花入 131

信楽蹲掛花入 131

高さ12.6cm 口径7.8×8.5cm 胴径12.5cm
 蹲花入のなかでは、これももっとも傑出したものの一つであります。
肩のまるい小壷で、口は大きく外に開き、その口が歪んで剽げた姿になり、胴には窯割れが生じています。ざんぐりとした作振りはやはり桃山時代末期以前の作であるように思われる。口部から胴にかけて灰釉が降りかかって焦げ膚となり、詫びた景色に焼き上がっています。土膚は赤く焼き締まっています。

信楽蹲花入 130<< >>信楽掛花入 132

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.