信楽茶入 銘二見 157

信楽茶入 銘二見 157

高さ6.8cm 口径3.8rm 底径5.2cm
 肩がまるく張った壷形の茶入で、やや厚手に成形されています。口部から胴にかけて灰が降りかかり、平らな底には糸切りが残っています。桃山時代の作でありましょうか、詫びた作振りの茶入であります。伊勢で見出されたので「二見」と名付けられ、裏千家九世不見斎が箱書付をしています。

信楽茶碗 156<< >>信楽肩衝茶入 銘春駒 158

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.