瀬戸 黄天目 茶碗 021

瀬戸 黄天目 茶碗 021

高さ6.6cm 口径12.3cm 高台径4.7cm
 黄瀬戸天目の代表的な作例の一つで、次図とまったく同様の形であります。焼造年代はおそらく室町時代末期から天正年間頃と推定され。
鬼板を化粧がけした釉調は図26の茶碗と極めて似ていて、同じ頃に同じ窯で生産されていたものと考えられます。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.