鶴田 純久
鶴田 純久

高さ7.7cm 口径12.9cm 高台径5.9cm
 瀬戸黒というよりは。今日一般にいわれる織部黒的な作品であります。しかし、轆轤びきされた姿は、高台は輪高台に素直に削り出されていて、いわゆる付高台ではません。したがって瀬戸黒の流れには、このような削り出しの輪高台風のものと、志野と同じような付高台風のものの二手あることが考えられます。口を沓形に歪め、胴には箆筋を数か所入れ。しかも腰まわりに十文字の箆目を四方にめぐらすなど、作為的な箆目をつけていますが、類例はほとんど見ません。あるいは久尻の隠居山窯で焼かれたのではないかと考えられています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email