織部黒 茶碗 銘松鳥

織部黒 茶碗 銘松鳥
鶴田 純久
鶴田 純久

高さ10.8cm 口径11.2cm 高台径5.2cm
 この茶碗も典型的な織部黒であります。轆轤びきした後、かなり強く手裡ね風に変化をつけています。しかし、高台は意外に素直に削り出されています。これも前図と同じく、おそらく元屋敷の窯で焼かれたものと思われるが、やはり慶長年間前半の作でしょう。あまりにも強く歪みがつけられているため素直さに欠けるが、類例の少ません。。
織部黒としては興味ある作品の一つであります。釉はよく溶けてしっとりとした釉膚をなしています。遠州筆の箱で、「松島」の銘が蓋表に墨書され。京都の小堀家に伝来したものであります。瀬戸黒には、正しい由緒をもった伝来のものが意外に少なく、利休所持のほかはあまりないので、この作品など遠州所持として興味深いものであります。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email