鶴田 純久
鶴田 純久

高さ4.7cm 口径6.2cm 高台径3.3cm
高さ5.3cm 口径5.6~5.8cm 高台径4.1cm
東京国立博物館
 瀬戸黒のほかに、鉄輪系の瀬戸輪のかかった作品として、茶人の間で著名なものに、椿手と呼ばれている六角の猪口があります。これらは椿手の猪口の代表的な作品で、轆轤びきしたものを型によって六角にしているのは。黄瀬戸の六角の猪口と同じであります。その形からしても同じ時期に焼かれたものと考えられます。これはおそらく、黄瀬戸の六角猪口とともにかなり量産されたものであろうが、今日ではそれほど数多くは残っていません。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email