大井戸茶碗 銘 越後

鶴田 純久
鶴田 純久

重要文化財
所蔵:静嘉堂
高さ:8.5cm
口径:14.6cm
高台外径:5.4cm
同高さ:1.8cm

 桐、春慶塗りの内箱に、「越後殿井戸」という貼り紙があり、もと越後守某が所持していましたので、この銘がつけられたといわれています。越後守がだれであるのか、はっきりしません。
 大振りでどっしりとした茶碗で、高台の作りも強く、堂々とした茶碗です。素地はわずかに鉄分を含んだ、荒いざんぐりとした土で、これに白濁透明性の釉薬が厚くかかっています。釉薬がたれて二重にかかり、厚くなったところは貫入が荒く、薄くかかったところは貫入が細かいです。
 成形はろくろで土を気に引き上げ、荒い太い指すじが四本胴にあります。口作りは厚く、分厚いどっしりとした作り、高台も一ヘらで削り、俗にいう竹の節高台になっています。畳つきは露胎ですが、よくすれているため目あとは判然とせず、その外側は轆轤(ろくろ)で水引きした時のままです。高台内も一へらで削り、真ん中はわずか巴状に兜巾が立っています。
 焼成は酸化ぎみで、内外面とも枇杷色をしていますが、半面外側がうっすらと青味をおびた片身替わりになっていて、強い光線でみますと、やや紫がかったなまこ状を呈しています。火が強く、よく焼けているので釉薬はよく溶け、梅花皮(かいらぎ)も溶けかかっています。
 内面は見込み深く、砂目が五つあり、真ん中は土がほつれてくぼんでいます。口縁に大小いくつかみほつれがあり、黒漆でつくろってあります。縦に大小いく本かの樋があり、また『中興名物録』『伏見屋覚書』に「ワレあり」とあるように、胴が二つに割れ、黒漆でつくろっています。
 見どころは堂々とした高台の作り、梅花皮(かいらぎ)の調子、胴から腰にかけての強くきわだった轆轤(ろくろ)目、胴になだれた厚い釉薬、うっすらと片身替わりになった枇杷色の美しい釉調などでしょう。名物手の井戸でも、大振りの堂々とレた茶碗です。
 伝来は、越後守某から、その後、薩摩屋素朴の手に渡ったと思われ、江戸時代、京都六角の三井家に長く伝わりましたが、明治になって岩崎家に納まりました。
(小山冨士夫)

越後井戸 えちごいど

重要文化財。
名物。
朝鮮茶碗、名物手井戸。
箱書付に越後殿井戸とあるがどういう人であるか不明。
のちに薩摩屋素朴、京都六角の三井家を経て明治維新後岩崎家に入りました。
(『大正名器鑑』)

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2