大名物朝鮮茶碗重要文化財

青井戸茶碗 銘 柴田

重要文化財
大名物
所蔵:根津美術館
高さ:7.1cm
口径:「4.3cm
高台外径:4.8cm
同高さ:1.8cm

 いったいに青井戸は、井戸手の中の下手物とされているように、厚手で鈍重なものが多いですので、小振りで作ゆき締まり、轆轤(ろくろ)目の立ったものは、ことに珍重されます。この類の代表作とされるものが、柴田井戸です。
 柴田においてまず魅了されるのは、その爽快な形姿です。締まった薄作で作ゆき鋭く、小振りの形りに豪快な轆轤(ろくろ)目が四段強く立ち、ことに竹の節高台の桶底形りに下すぼまりなのと相まうて、側面は上から下へ強烈なリズムをなし、きわまるところ一瞬一点に達するかど、思われるほどです。
 井戸において轆轤(ろくろ)目四段が約束とされるのは、むろん見た目ないし手ざわりの上でのその荒く豪快なリズムのもたらす快適感に基づくものです。轆轤(ろくろ)目の多少は、また旋転のスピードとも関連するもので、荒く少ないものはそれだけスピードも速く、したがって力感も強く訴えるりくつで、これがまた美感の隠れた素地ともなっ七います。あまり轆轤(ろくろ)目の多すぎる井戸は、鈍く弱くて、うま味がありません。
 柴田の場合、小振りの姿に荒い轆轤(ろくろ)目が、しかも強くきわだって、その小気味よさは大井戸に比べて二倍、三倍の効果です。
 釉肌もすばらしく総体冴えた淡枇杷色、一部釉だまりは白みがかっています。青井戸では、その名のごとく大井戸手よりも鉄分の多い素地のせいで、いったいに釉調の蒼ずんでいるのが特色ですが、まれに柴田のごとく、大井戸の名物手に劣ちぬ美しい枇杷色を呈することもあります。とれがまた柴田のすぐれた見どころの一つです。ただ、青井戸は、大井戸に比べてその釉調はやわらかく、手取りもいっそうざんぐりと」ています。
 高台の脇取りの鋭さ、雪白の美観で人を魅了する荒い梅花皮(かいらぎ)も、逸すべからざる見どころです。高台内には兜巾よく立ち、これまた梅花皮(かいらぎ)みごとで、畳つきには五徳目が五つあります。
 口辺には漆繕いIカ所、また縦貫入も三~四本あり、見込みには目五つ、茶だまりは轆轤(ろくろ)よくきいて中心が深く尖ります。
 まことに柴田のごとく、十善具足してしかも小味に堕せず、かつ気品高く、井戸茶碗の醍醐味を満喫させるものもまれです。朝鮮ないし唐物中の名碗というばかりでなく、数多い茶碗のうちでも屈指のものとして推賞できます。
内箱 蓋表春慶塗 金粉字形「柴田井戸」
同 蓋裏 朱漆書き付け「柴田修理所持青山家臣朝比奈氏伝来」
外箱 蓋表書き付け 平瀬士洋(露香の父)「井戸 茶碗 柴田」
同 蓋裏書き付け「柴田修理従信長公拝領(平瀬印)」
 伝来は、もと織田信長所持、ついで柴田勝家これを拝領し、その滅亡後、青山家の臣朝比奈氏に伝わりましたが、のち大阪の数寄者千種屋{平瀬家}に入り、明治三十六年、平瀬家蔵品売り立ての際に藤田家に落札、さらに昭和九年、藤阻家の第二回蔵品売り立ての際に根津青山(嘉一郎)に落札、その後昭和十六年、根津美術館設立に及んで同館蔵品となります。
(満岡忠成)

柴田井戸 しぱたいど

柴田井戸 しぱたいど 重要文化財 大名物 朝鮮茶碗 青井戸

重要文化財。
大名物。朝鮮茶碗、青井戸。
もと柴田勝家所持。
勝家はこれを織田信長から拝領しました。のち諸家を経て藤田家に大りました。
現在は根津美術館蔵。
(『大正名器鑑』)

柴田井戸 しばたいど 青井戸茶碗

青井戸茶碗。
重文、大名物。轆轤目よく立ち、端正のうちに作行き鋭く、凛々しくて小気味のよい作です。
高台の脇どりとかいらぎに趣があり、高台内の兜巾もよく立っています。
畳付の五徳目と、見込に目五つで約束がかねそなわり、釉薬の冴えた色合いも見所の一つです。
気品高く、青井戸随一の茶碗です。
柴田勝家所持により「柴田」と命銘されました。
《付属物》内箱-春慶塗、金粉文字、蓋裏朱漆書付 外箱-桐白木、書付平瀬士洋筆、蓋裏書付同筆
《伝来》織田信長丿柴田勝家-朝比奈氏-平瀬家-藤田家
《寸法》高さ7.1 口径14.4 高台径4.8 同高さ1.2 重さ275
《所蔵》根津美術館