鶴田 純久
鶴田 純久
色絵椿文香合
色絵椿文香合

Kenzan: incense caddy with camellia design, enamelled wareMouth diameter 6.6 x 6.9cm
高さ2.9cm 口径6.6×6.9cm 底径7.6×7.7cm
東京国立博物館
 花文様に応じて器形に変化をつけた、乾山独特の意匠の香合です。蓋の甲には白化粧地の上に呉須の線描で椿二輪の輪郭や枝葉を描き、側面には同じく白化粧地に呉須で七宝文をめぐらして、ずっぽりと透明釉をかけ、上に赤と金と黄で花弁や蕊を彩っています。蓋裏と身の内部はやはり白化粧地の上に呉須で霞の文様をあらわし、その上に金彩を加え、底には 「乾山」 の銘を書し、やはり薄く透明釉をかけ、合口は土見せになっています。乾山焼のなかでは仁清陶の影響の濃い作振りであり、おそらく鳴滝時代で早い頃の作と推考され、収まった内箱蓋表には 「元祖 乾山焼椿香合」 と御家流の字で書されています。かつて原三溪翁が所持していたものです。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email